ブログ: sakochi☆の整理収納のススメ
https://ameblo.jp/sakochimask35/entry-12368979925.html

POINT

靴は外箱に入れたまま収納する方法がありますが、箱に入れていると中身がわかりにくいので、ラベリングの工夫が必要になります。キャンドゥの靴用ラベルシールを使って、中身が分かりやすく・省スペースにもなるラベリングアイデアをご紹介します。

PICK UP

わが家の靴箱は、上段に夫の靴、中段に私の靴、下2段に野球グッズと子供大きめサイズストックが入っています。
0430rff02
この靴箱の一番上に、無印良品の大ボールファイルボックス1/2サイズ等を使って、季節外の靴などを収納しています。
0430rff03
これらのケースに、不織布で包んだ靴を収納。
フタをしないので、通気性もよく、ホコリも避けられます。
0430rff04
ケースの外にマステでラベリングしていたのですが、高い位置なので、文字が見にくい。
そこで、キャンドゥで見つけた素敵なモノトーンのラベリングを使う事にしました。
0430rff05
絵付ラベリングに変えたら、下から見て分かりやすくなりました。
0430rff01
イニシャルを書いて、誰の靴かすぐに分かるように工夫しています。
0430rff06
しかし、夏と冬のシーズンオフで、中に入る靴が変わってきます。
そこで、ラベルシールをケースの反対側に貼り、中身を交換する時は、収納している靴のラベルが見えるようにします。
0430rff07
この「前後ラベリング法」は、季節違いのモノの収納に役立ちますよ。