ブログ: 転勤族のシンプルライフ Fujinao
https://ameblo.jp/fujinao0814/entry-12362574182.html

POINT

子供が幼稚園や学校から持ち帰る作品。量が多かったり、大きな画用紙だったりするので、保管方法に悩みますよね。100均アイテムを使って、見やすく保管するアイデアをご紹介します。

PICK UP

わが家の幼稚園・小学生も春休みに入り、どさっと作品を持ち帰ってきました。
1年ごとにとんでもないペースで増えていきますが、紙袋のまま保管しておくと、「見ない・折れ曲がる・邪魔」の三重苦になってしまうので、宝の持ち腐れにならないように、思い出の品として活用出来る形で保管してあげたいもの。
0407dik02
わが家では厳選した作品をファイリングして、いつでも見返しやすい収納にしています。
0407dik03
使っているのは、キャンドゥのA3ケースとプラとじ、糊や画用紙など。
0407dik04
先ずは、作品の中から「お気に入りの作品」だけを親子で選びます。
お気に入りだけを残すのがポイント!
0407dik05
次に、その作品を使って表紙を作ります。
大きな作品を切って画用紙に貼って、作品をそのまま生かしてもいいですね。
0407dik06
後は、表紙と作品にパンチで穴を開けて、プラとじで綴じていくだけ。
0407dik07
大き過ぎる作品は2つ折りにして、画用紙に貼り付けると見返しやすくなります。
0407dik01
A3のケースに入れたら完成です。
ケースに入れる事で、作品が折れ、クレヨンが色移りするのを防ぐ事が出来ます。
0407dik08
ケースの厚さが2㎝なので、「ここに入る分だけ」という目安にもなりますね。