ブログ: スッキリせいとん
http://www.marocky.net/entry/2018/01/09/160832

POINT

柔らかい風合いの素材の服をハンガーに掛けると、ハンガー跡が付いたり、型崩れを起こしたりする事があります。そんな柔らかい素材の服をハンガーで保管する方法をご紹介します。

PICK UP

以前購入し、お気に入りだった無印良品のニットですが、
0111mgb02
うっかりシミを付けてしまい、取れないので、代役を購入する事になりました。
0111mgb03
そして、購入したのが、ユニクロのニット見えフリースです。このフリースは、ニット見えするだけあって、柔らかい肌触りが着心地がいいのですが、ハンガー跡がつきやすいのが弱点。
0111mgb01
一般的なニットの含め、ハンガーでの型崩れが気になるトップスはわが家では下の写真のようにして掛けています。
0111mgb04
ハンガーの掛け方は、縦半分に畳んだニットの脇の部分にハンガーを当て、袖と身ごろを折り返すだけ。
0111mgb05
ハンガーの凸凹が当たって気になる場合や、特にデリケートな素材のモノは、ハンガーと衣類の間にタオルを挟むのがおススメです。
0111mgb06
テレビでこの方法を知ってから、ここ暫くはずっとこの形で保管しています。

軽い!曲がらない ステンレスハンガー 30本セット

価格:2,970円
(2018/1/16 07:27時点)
感想(138件)