yukinco*さんのアイデア

POINT

濡れたレインコートを干す場所を見直しました。
ドアに馴染む色の突っ張り棒と細長いS字フックを使って、子どもの「自分でできる」はキープ!
靴が濡れてしまうこともなくなり、快適です。

PICK UP

子どものレインコート、どこに干していますか?
我が家では、子どもの手が届く、飾り棚のフックに掛けていました。
でもここだと、下に置いている靴が濡れてしまうことがあるんです。

4823F552-9BD7-4CE6-8D6E-A6CDE708C476

冬は雪がついた上着も干したいので、場所を見直すことに。 まずは、ドアの手前に突っ張り棒を。 悩んだ末、ドアの色に合わせて正解でした。
0C2BEF5D-BD0C-4838-A6EB-FF11B1CA5253

大人が引っかからないよう高い位置に付けたので、当然子どもの背では届きません。 そこで使ったのが、このロングサイズのS字フック。 55.5cmあります。
23A9E3F9-163D-40B6-AC34-9FFF783E1D48

このように突っ張り棒に引っ掛けます。 使わない時は端に寄せておけば、出入りの邪魔になりません。
1441B089-D5B0-46B5-A8E3-68216B35E670

今まで掛けていたフックとほぼ同じ高さ! 子どもが「自分でできる」をキープしたまま、雫を気にせずに干せるようになりました。 内側が向かい合うように掛ければ、1本のフックに2人分干せます。
065A8D59-2CF5-47E7-9DB3-4DCBDEAF22A3

この高さならスノーウェアも引きずらずに掛けられそう。 真冬はハンガーや短いS字フックを用意して、大人の分も干せるようにしようと思います。