ブログ: 【岡山・倉敷・福山】整理収納と模様替えで暮らしを愛しむ~晴れ色に暮らす~
http://ameblo.jp/hareiroimage2014/entry-12297763850.html

POINT

夏場に多く出回るトマト。家庭菜園でトマトを育てている方は、たくさん収穫しすぎて、食べきれないて事も。そんなトマトを美味しく食べる保存方法とトマトのマメ知識をご紹介します。

PICK UP

トマト、キュウリ、ナス、オクラ、ピーマンなど、母の趣味の畑には、夏野菜がいっぱいです。トマトとキュウリが大好きな孫は、毎日食べています。
0816dyn02

そんなトマトですが、ヘタを下にして重ならないようにして保存します。ビニールやジップ袋に入れ、しっかり口を閉じると、熟れ過ぎるのを防げます。また、トマトから出るエチレンガスは、他の野菜を早く熟成させ、腐りやすくするので、これもジップ袋などに入れる事で防げます。
0816dyn03

そして、栄養についてですが、トマトに含まれているリコピンは抗酸化作用があるので、老化防止、美肌、血管や免疫にも効果があります。しかし、生で食べてもリコピンは吸収されにくいので、オリーブオイルなどの油と一緒に摂ると、リコピンの吸収が良くなるようなので、どうせ食べるなら効率よく栄養が摂れるように工夫したいですね。