ブログ: ワーキングマザー的 整理収納・北欧インテリア〜
http://ameblo.jp/lifewithboys/entry-12296796089.html

POINT

何かをやろうと思い立った時に、それがすぐに出来ない状況だと、つい後回しにしてしまい、その結果忘れてしまうことも。それがゴミ捨てだったとしたら・・・後回しには出来ませんよね。そこで、ゴミ捨てを後回しにしない収納の工夫をご紹介します。

PICK UP

わが家で実践しているゴミ周りの収納の工夫。まず1つ目は、「ゴミ袋はゴミ箱のすぐ近くにストックする」という事。キッチンの一番大きなゴミ箱の場合、すぐ後ろにつっぱり棒でゴミ袋を引っ掛けているので、すぐ取れて楽ちんです。
0807usg02

洗面所のゴミ箱の場合、鏡裏に100均のフックを貼り付けてゴミ袋をセットし、すぐ替えられるようにしています。ゴミ箱の近くに収納場所がないなら、作ってしまうのが楽家事のポイントですね。
0807usg03

ズボラな私はゴミ袋の付け替えですら面倒。ゴミ袋の取替頻度が高い小さいゴミ箱は、ゴミ袋を重ねがけして手間を省いています。
0807usg04

そして、ビニールのヒモで括って出す際のゴミ処理を楽にする工夫ですが、とにかく牛乳パックが溜まるわが家。溜まったら、ヒモで括って捨てているのですが、ヒモを取りに行くのが手間でパックが溜まる事態になっていました。そこで、今は、キッチンの吊戸棚に紐とハサミを置いて、すぐに括れるようにしています。
0807usg05

他にも、新聞紙も紐で括って捨てるのですが、溜まらないように新聞紙ストックのすぐ近くの引出しにも紐とハサミを収納して、すぐに括れるようにしています。少しでも手間を軽くして、こまめに出来る様にしたいですね。