ブログ: ~モノとともに~ 整理収納アドバイザー西山久美子のつぶやき
http://ameblo.jp/kumattai/entry-12275352893.html

POINT

中身が見える収納は在庫管理しやすいが見た目が気になり、隠す収納は見た目はいいけど中身が分かりにくい。そこで、それぞれの収納のいいところだけを取り入れた洗剤収納を作ってみました。

PICK UP

わが家では、洗濯洗剤にジェルボールを使っています。それをパッケージから出し、100均のフタが立つケースに収納していました。
0607sii02

使い勝手を考慮して、より取り出しやすい場所に保管していたのですが、そこは目に付く所なので、使いやすいけど中身が丸見えなのが気になっていました。そこで、ちょっと工夫してケースに目隠ししてみました。
0607sii03

ケースの下の方にご注目!あえてスキマを空ける事で、上から覗き込まなくても全体量が把握できるようにしたのです。
0607sii04

このスキマから見えるジェルボールの数が少ないと、そろそろ補充のタイミングだという事が分かります。
0607sii05

この窓から中身が見える事で、残量が明確になり、補充のタイミングやストック購入のタイミングなどのいいきっかけになるので、よく考えたなと、我ながら満足に浸っています。
0607sii03