ブログ: ワーキングマザー的 整理収納・北欧インテリア
http://ameblo.jp/lifewithboys/entry-12263945229.html

POINT

掃除道具はできるだけお客様には見られたくないアイテムですが、隠す収納にしてしまうと、サッと取り出せないので悩ましいところ。そこで、掃除しやすくする為にオシャレなアイテムを採用し、あえて見せる収納にしてみました。

PICK UP

わが家で愛用している、北欧ふわふわウールダスター。見た目が可愛く、付いたホコリも取りやすく繰り返し使えるので便利なのです。
0412bhv02

これまでは、スタンドに押し込んでテレビ裏に隠す収納にしていたので目につかず、お掃除の実践につながらず、宝の持ち腐れになっていました。
0412bhv03

今回、このダスターを新調したので、無印良品の壁につける家具にかけて見せる収納に変えました。見せる収納にしたら、可愛くてつい、手に取りたくなるんです。
0412bhv01

やっぱり掃除道具は、見せる収納がいいと感じました。
その理由は、この2点。
◆目に付く状態になっていることで「掃除しなきゃ」と思いだす。
◆サッと手に取れる状態になっていることですぐ掃除できる。
0412bhv04

私のような、掃除嫌いの右脳型人間は、「ときめく道具&収納方法」になっていることが重要。これからは、気付いた時にさっとテレビの掃除をしたいと思います。