ブログ: 家族の笑顔が生まれる 整った暮らし
http://ameblo.jp/smile-life-008/entry-12259940966.html

POINT

朝脱いだパジャマや帰宅したらまた着るつもりの部屋着などをその辺に置きっ放しでは見た目がよくないので、カゴなどを置いて脱いだ服の一時置き場にしておくとスッキリします。しかし、次第に物置状態になってしまうので、ポイントはカゴのサイズに気を付けることです。

PICK UP

まだ洗濯はしない衣類をちょっと置いておくのに便利な一時置きボックスですが、次第に一時置きの服が重なって、結局「あの服どこにいった?」となってしまいかねません。
0403vdd01

そんな時に気を付けたいのが一時置きボックスの大きさ。余裕を持って大きめのボックスを選んでしまうと、どんどん重ねてしまい、1~2枚程度入る小さ目のサイズがオススメ。例えば、こんなカラフルな服も1枚ならスッキリ収まります。
0403vdd02

ところが、3枚入れてしまうと、見た目もスッキリせず、一番下の服を取り出す時も手間ですよ。
0403vdd03

衣類の一時置きボックスはあくまで一時的に保管する場所であって、クローゼットではないので、3枚以上重なってしまう時は、中のモノを見直すタイミング。モノが集まってしまうリビングだからこそ、仕組みを整えるとスッキリをキープできます。