ブログ: 私らしい3LDKの暮らし方 大阪北摂豊中 整理収納アドバイザー
http://ameblo.jp/tmmym03/entry-12225111158.html

POINT

配線が多く、どうしてもごちゃつきがちなテレビ裏。100均アイテムや大きめの箱やケースなどを駆使して配線をスッキリさせると、見た目だけでなく掃除のしやすさも違ってきます。

PICK UP

先日、CDコンポを手放す事になったので、早速撤去しようとテレビ台の裏側を見たら、絡まりに絡まりまくったケーブルにゲンナリ。そこでコンポの撤去と同時に、配線も見直す事にしました。
1214hbi02

とは言え、配線に詳しくないので、一旦全部抜いてやり直すのではなく、先ずはどのケーブルがどこに繋がっているのかチェックして、ラベルを貼っていきます。
1214hbi03

そして、床を這っていたケーブルを、ダイソーの配線ベルトでまとめていきます。この時、出来るだけ床に付かず、まとめやすいようにコンセント側あるいは、機器側にまとめます。
1214hbi04

そして、延長コードや外付けHDをまとめて木製のワインボックスに入れました。
1214hbi01

これで、テレビ台の裏はスッキリ。
1214hbi05

表から見てもスッキリ。
1214hbi06

見た目のスッキリだけではなく、掃除の時にもスッキリ感を実感する事ができます。掃除機に引っかからないし、ケーブルにホコリが溜まるのも回避できます。テレビやブルーレイ、ゲームなどコンセントや配線が集まる場所には、このくらい大きな箱をケーブルボックスとして使うのがオススメです。
1214hbi07