ブログ: Make Life+ ゆとり時間
http://yutorijikan.blog.jp/archives/9009552.html

POINT

水まわりグッズは、しっかり水分を切って風通しをよくしておかないとカビやヌルヌルの原因になります。キッチンスポンジの使いやすく、掃除しやすい収納方法を模索していたら、凧糸を使った収納方法に辿り着きました。

PICK UP

わが家は、シンクに付属しているボトルラックを外し、シンク前の壁面にマグネットを利用して洗剤とスポンジを置いていました。
1209kcf02

しかし、濡れたスポンジのおかげで、ボトルラックの下がベトベトに汚れるんです。頻繁に掃除するんですが、そのたびにラックを動かすのが面倒で、ストレスになっていました。
改善方法として、スポンジから落ちる水滴がシンクに落ちれば、掃除が楽なると思い、スポンジを吊るすことにしました。まずは、無印良品の引っ掛けるワイヤークリップで挟んで吊るしてみました。
1209kcf03

でも、いちいち挟まなきゃいけないので、ワンアクション増えているのでは?もうちょっと楽にしたくて、試行錯誤の末、ちょっと原始的な方法を導入してみました。その方法とは凧糸で吊るす事。これなら面倒なアクションもなく、夫が食器洗いをした際も簡単に戻せるはず。タコ糸が汚れる頃にはスポンジも替えるだろうし。
1209kcf01

キッチンで使い終わったスポンジは、洗面所の掃除用にまわすのですが、こちらでも掛けられるので便利。
1209kcf04

今回の方法に使った凧糸は100均で購入したもので、手芸用ひも通しを使って取り付けました。金属のひも通しだと、スポンジにブスッと簡単に通るので、取り付けも簡単。
1209kcf05

肝心の水滴は、ちゃんとシンクの中に落ちてくれていて、掃除も簡単になったので、またまたストレス解消です。