ブログ: ママたちをラクすっきりに♪元小学校教師が伝える「整理収納力」
http://ameblo.jp/sukkiri-style/entry-12217440268.html

POINT

大物の洗濯物と言えばカーテン。大きい上に枚数も多いし、何より面倒なのがカーテンフックの取り外し。洗うとなると時間と心のゆとりがある時じゃないとなかなか取りかかれないですよね。ならば、その面倒な工程を手抜きして、楽に洗濯できるようにしちゃいましょう。

PICK UP

わが家では、「掃除年間計画表」なるものを作っていて、11月はカーテンの洗濯とお風呂(大)の掃除をする事になっています。カーテンの洗濯は年に2回行っていて、1日2枚ずつ洗うペースだと、家中のカーテンを洗い終えるのに5~6日かかる計算になるので、私にとっては他の掃除場所よりもちょっと心のハードルが高い掃除なんです。
1112vft02

でも、今年はお仕事の先輩のHPで見つけた、カーテンを楽に洗濯する方法を試してみる事にしました。その方法とは、何とフックをつけたまま洗濯するというもの。

下の写真で様子がわかると思いますが、カーテンのアジャスターフックが付いた部分を洗濯ネットに入れ、ファスナーを閉め、洗濯中にネットから出ないように更に紐で縛り、洗濯機で洗います。
1112vft03

この画期的な方法に、心のハードルがぐんと下がります。フックを外して、また付けてというアクションがないだけで、洗濯しやすい気持ちになります。自分自身でこういう体験をすると、「ちょっとした面倒くささが行動へのハードルを上げている」という事を痛い程実感し、自分でも笑えます。片づけにおいても同じで、楽できる所は楽して、実行しやすくする事が大切ですね。