洗濯物を干すブログ:動線を意識した片付け・収納STYLE 名古屋市 整理収納アドバイザーhttp://ameblo.jp/mononolife/entry-12152724193.html

point

濯は洗ってから仕舞うまで、手間のかかる家事のひとつ。少しでも効率よく時短につなげるために、実践していることをご紹介します。

スポンサーリンク

pick up

わが家では、洗濯物が多く、だいたい1日2回します。そこで、効率よく洗濯干し・収納できるように色々考えています。例えば、干す順番について。人別に干す=畳む順番にすると時短に繋がるというもの。
洗濯物を干す

ハンガーから取り出して一旦おいた後、上から人別に畳めば順番に並んでいくと思います。
人別に干していない場合も、畳む時に人別にしてから、タンスへ移動するなど、少し意識を変える少し時短になるのかなと思います。

また、干し方についても、例えば、厚手の洗濯物やフードがあるものは、太陽の向きを考えて一番あたる場所に干すと乾きやすく、一度に取り込めます。
毎日のことなので、時短につながる動線を意識しているわけです。

blog

詳しくはこちらのブログへ