ラベリングcherryさんのアイデア

point

ラベリングの目的は何が入っているかわかるようにすること。オシャレなのも良いけれど、自分以外の人も使うものは誰が見てもわからないと、せっかくのラベリングも役に立たないので、できるだけ具体的なアイテムの名前を書いておく方が良いです。

スポンサーリンク

pick up

写真は職場の棚のものですので、仕事で使うものが入っています。もちろん私だけではなく、ほかの人も使いますので、誰が見てもわからないと意味がないのです。自宅でも家族みんなが使うものの場合は同様です。
書棚

1つの引き出しやボックスに同じアイテムが収納されている場合はそのまま書けばOKですね。
ラベリング

ラベリング

ラベリング

写真が少し見づらいかもしれませんが、細かく書かれているのがおわかりいただけますでしょうか。入れてあるものを「とにかく全部書く!」ここがポイントです。
「○○関係」などにしてしまうのはNG。というのは、なにが「○○関係」に含まれるのかは個人によって異なってしまうから。自分だけがわかっていれば良い場合はそれでも大丈夫ですが、たとえば急に家をあけなければならない状況になったとき、ご家族が困ってしまうことにもつながります。

お子さんの場合はひらがなにする、イラストや写真にするなど、使う人に合わせた表記の仕方も大切ですね。

The following two tabs change content below.
整理収納アドバイザー&アクセサリー講師。お片付けサポートサービスも行っています。http://cherry-s.info/storage/