子供の作品の保管yukincoさんのアイデア

point

子どもが一生懸命作った作品、大切だけどかさばって保管に困りませんか?普段は「箱から溢れたら整理」がルールですが、年度末に幼稚園で作った1年分の作品が手元に戻って来るので、まとめて整理することにしています。これでスッキリとした気分で新学期を迎えることができますよ。

スポンサーリンク

pick up

子どもの作品、どうしていますか?工作などかさばるものも多く、保管が大変ですよね。
我が家では作品用の箱を1つ用意して、普段は「箱から溢れたら整理」をルールにしています。でも捨てられないお気に入りがどんどん増えるので、箱はいつもいっぱいの状態。
子供の作品の保管

なので、幼稚園から「思い出つづり」を持ち帰ってくる年度末に、家に保管してあった作品と合わせて整理することにしています。

まずは処分するものと残すもの、作品は捨てるけど写真は残すもの(写真は持ち帰ってすぐに撮っています)、に仕分け。ポイントは「子どもと一緒に整理する」ことと、「子ども自身に決めてもらう」こと。

大人の目からはボロボロで捨てた方がいいものに見えても「これは破けてもテープで直して使うからまだ捨てない!」と返ってくることもあるし、逆にまだキレイで飾っておいてもいいかも?と思っても「これはあまり上手く作れなかったやつだからもういらないかな~」と言われて驚くこともあります。

箱の中が終わったら机の中や折り紙のケースの中、飾ってあったものなども全て整理。
処分するものがこんなにたくさん出ました。
子供の作品の保管

残すもの、写真、先生からのお手紙などは画用紙に貼って、パンチで穴を開ければ全部まとめて綴りに入れることができます。
子供の作品の保管

いっぱいだった箱はこんな感じに。正直、意外と多い‥と思いましたが、子どもが自分で決めてくれたので口出しはグッとこらえました(笑)。
子供の作品の保管

最後に1番のお気に入りの絵を飾って、整理終了!幼稚園最後の1年、大切な思い出をたくさん持ち帰ってきてほしいなと思います。
子供の作品の保管

使ったアイテム

セリアのアンティーク柄ペーパーボックス

The following two tabs change content below.

yukinco

雪国で2人の子育て中。モノが増えがちな我が家を少しずつ暮らしやすくしたいなと思っています。