色鉛筆の収納ケースブログ:Dearおかたづけhttp://ameblo.jp/dear-okatazuke/entry-12143107974.html

point

色鉛筆やペンのケースは意外と場所を取るし、しまう時に1本1本入れるのが面倒。収納のメリットとデメリットを考えて、一番自分に合う収納方法を選ぶ事が大切ですね。

スポンサーリンク

pick up

お絵かきが好きになってきたわが子は、クーピーとペンを出した後に、必ず「あーけーてー」と言います。自分で開けられるのに、甘えているのか毎回言われるので、手が放せない時は困ります。そこで、「クーピーの入れ物って必要?」と考えてみました。
色鉛筆の収納ケース

購入時のケースに収納するメリットは、「色が並んでいて選びやすい」「持ち運んでもクーピーが折れない」。一方デメリットは、「大きくて邪魔」「1本1本しまうのが面倒」「子どもが開けられない(開けない)」というわけで、子供の使い方を見たところデメリットが上回ったので、購入時のケースをやめることにしました。代わりに使ったのは、家にあった100均のケース。
色鉛筆の収納ケース

この収納にしてから、「引き出しからスッと取り出せ」「ふたを開けずに描ける」ので、お絵描きする機会が増えました。ただし、ぶちまけられる事も増えた気がしますが、片付けもぽいぽい入れるだけなのでラクチンです。

blog

詳しくはこちらのブログへ