ストック品の見える化ブログ:ととのうくらしhttp://ameblo.jp/twosmith/entry-12009745780.html

point

家族の休みで家にいる日が続くと、毎度毎度の食事の支度も大変。「たまには、自分で用意して食べて欲しいなぁ・・・」なんて思っちゃいますよね。ならば、家族が自分で支度しやすい・使いやすい環境を作ってみましょう。思いの外、効果があるかも知れませんよ。

スポンサーリンク

pick up

ここ数日、夫と子供の休みが重なり、3度の食事の支度に追われる日々。「夫も子供もたまには自分で用意して食べて欲しい・・・」
そんな思いから家族が使いやすいキッチン収納、各自で食事がとれる環境を作る事に。男子が一人で簡単に食べられる様にレトルトや缶詰、インスタントスープを購入し、
ストック品の見える化

100均で購入した「フタが立つ」シリーズ、スリムL。これに種類別にいれます
ストック品の見える化

中身が見えるので残量が確認しやすく、買い物に行く際にすぐにチェックができます。また、色々な種類を入れることで選ぶ楽しみが増えて、一人ご飯も楽しめるかも。こうしてキッチンのストック品を「見える」収納にしてから、息子と夫が、キッチンに立つ機会がビックリするほど多くなりました。

予想以上の効果を生んだポイントは
◆二人が使う食器を、彼らの目の高さにして出し入れしやすくしたこと。
◆ストックの種類を豊富にすることで、「選ぶ」楽しみを得られること。

さらに洗ったら拭かずに水切りラックへ入れる、この流れが二人とも苦ではないらしく、一人ごはんの時は片付けまでやってくれるのでホント楽になりました。

blog

詳しくはこちらのブログへ