手芸ケースyukincoさんのアイデア

point

子どものおもちゃって結構細かいものも多いですよね。ビーズやブロックなどの細かいおもちゃを色や形ごとに仕分けて、快適に遊ぶ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

pick up

我が家で活躍しているのは、手芸用のパーツケースです。
選んだポイントは仕切りが動かせること
色や形、量によってスペースを好きな大きさに調整することができるので便利ですよ。

5歳の上の子のおもちゃ、LaQ(ラキュー)の収納はこんな感じです。
おもちゃの収納
慣れるまでは取り出す時に仕切り板が動いてしまい注意が必要でしたが、机いっぱいに広げなくても使いたいパーツが見つかるので子どももご機嫌♪

それまでの色でざっくり収納の時には「お母さーん!あとひとつが見つからないんだけどー!」などと呼ばれることがありましたが、それもなくなり母も快適です!
もう少しパーツが増えたら、ケースを追加してもっと細かく分けてあげたいなと思っています。

アイロンビーズもこの通り。
ビーズの収納
嬉しいことにビーズを追加した時も自分で分けてくれるようになりました。

ちなみにこのケースの置き場所ですが、1歳の下の子が触ってしまわないように、写真のおもちゃ収納棚の一番上(黄色い○のところ)にしています。
おもちゃの収納
これで誤飲や紛失、ひっくり返しの防止にもなりますね。
他にもレゴやファンルーム、ヘアアクセサリーなど、こまごましたものの収納に使ってみてはいかがでしょうか。

使ったアイテム

セリアの手芸用パーツケース

The following two tabs change content below.

yukinco

雪国で2人の子育て中。モノが増えがちな我が家を少しずつ暮らしやすくしたいなと思っています。