壁の修繕yuccaさんのアイデア

point

新しいカレンダーをつけようと思ったら、画鋲の穴の跡が…そんなときは、穴を綺麗に補修してしまいましょう!

スポンサーリンク

pick up

カレンダーなど少し重たい物をかけるのに使っていた画鋲の穴。カレンダーを外してみると、結構目立ちますよね。新しいカレンダーを同じところにつけようと思っても、穴が広がってしまっていて画鋲がすぐ落ちちゃうなんてことも。画鋲の跡だらけの壁ってなんだか格好悪い。

じゃあ、補修をして穴を塞いじゃいましょう!使うのは市販のコーキング剤とスポンジ。コーキング剤はホームセンターでゲットできます。
壁の修繕

補修の仕方はとても簡単♪
壁の修繕

まずは穴の部分に少し多めにコーキング剤を付けます。
壁の修繕

壁の修繕

あとは濡らしたスポンジでトントン叩いて馴染ませれば完了♪
壁の修繕

馴染ませるとこんな感じになります。
壁の修繕

写真だと分かりづらいかもしれませんが、スポンジの角の部分が穴のあったところです。画鋲の跡がどこにあったのか分からないくらい綺麗になります。とても簡単な作業で画鋲の跡とおさらば!壁の画鋲の跡が格好悪いな~と思っている方は是非試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

yucca

3人の娘の母です。とにかく面倒くさがりでズボラな性格。片付けが楽しくなる楽々収納を日々試行錯誤中です。