ハンガーブログ:佇まいレシピ〜おしゃれの窓口〜@横浜あざみ野・たまプラーザhttp://ameblo.jp/shiho-tennis/entry-12016478283.html

point

着た洋服をクローゼットに戻すときにルール化しておくと、あまり着ない服とよく着る服が自然と区別できます。さらに捨てる基準、残しておく基準を設けておくと、いつもスッキリなクローゼットが保てます。

スポンサーリンク

pick up

三度の飯より服が大好き。洋服なしに私の人生は語れないなと思うくらいに。当然、買います。そして増えます。そんな私が実際に行っている収納方法をご紹介します。
クローゼット
上の画像のように、着た服は一番右に戻します。すると、着ていない服が左に溜まっていきます。使用頻度順に並ぶと、手放す基準もわかりやすくなる。

さらに手放す基準として、今年こんなの着てたら笑うよね。と、思う服は処分します。置いておくものは丈を直せば、今年風かも?と思う服は、お直しに出して着たりもします。
◆おしゃれでいたいなら、服にも賞味期限があるという意識を持つ。
◆逆に言えば、長く着られる服を買う。
◆洋服が好きなら、買ってしまうなら、よりシビアに、手放す勇気も併せ持つ。
処分については、あくまでも私個人の基準ですが、クローゼット収納の参考になれば嬉しいです。

blog

詳しくはこちらのブログへ