湯呑の収納ブログ:TRY+http://ameblo.jp/tryplus126/entry-12051813816.html

point

奥行きのあるスペースなので、奥にある湯呑が取りにくい。そこで100円均一のトレーを使って引き出せる収納に改善。これにより色の統一につながり見た目もスッキリになりました。

スポンサーリンク

pick up

「御湯呑」の置く場所の改善をしてみました。もともと、御湯呑の高さに合わせて棚の高さは、約7.5センチに設置。
湯呑の収納

そして、棚の奥行きは約38センチ。
湯呑の収納

問題というのは、さきほどの寸法からわかるように、棚の高さが低いのに奥行きが深いので、奥の湯のみが取り出しにくかったのです。これを解決するために100円ショップのトレーを使って、
湯呑の収納

引き出すだけで、奥まで、取り出しやすくなりました。
湯呑の収納

御湯呑の色も見えなくなって、白に統一されて、スッキリ感アップです。収納用品は「白」「透明」「シルバー」などに統一するようにしています。そうすると、収納部分も明るくなったような感じになります。

blog

詳しくはこちらのブログへ