洗濯袋ブログ:暮らsing ~キッチンから暮らしを整える~http://ameblo.jp/kura-sing2014/entry-11971072796.html

point

洗濯物を入れておくアイテムは洗濯カゴが定番ですが、意外と大きくスペースが必要で、掃除する際にはちょっと邪魔だったりします。この問題を解決してくれるのが洗濯袋。フックに掛けておけば掃除の際の面倒な移動も必要ありませんし、袋も一緒に洗濯機に入れて洗濯すれば、いつも清潔をキープできます。

スポンサーリンク

pick up

わが家は、洗濯物を入れるカゴはありません。その代わり「洗濯袋」があります。その理由は、カゴの場合、場所を取るし、掃除するときに邪魔になります。でも、洗濯袋だと掃除機もスイスイ通れます。さらに袋も一緒にポイッと洗えます
洗濯袋

わが家ではタオルは他の洗濯物とは別で洗います。理由はタオルは決まった形をしていて干しやすく、一気に干すと気持ちいい。タオルは基本、綺麗になったものを拭く用途なので、あまり汚れていない。だから、汚れにひどいものと一緒には洗濯しないようにしています。

洗濯袋は、無印で100円程で売っているA3サイズのエコバッグ。一番右がタオルで、左の二つが脱いだ衣類を入れています。洗面所は、生活感の出やすい場所ですが、来客も使いますので、洗濯袋のように、少し見直すだけスッキリします。

blog

詳しくはこちらのブログへ