コロコロとウェーブブログ:千葉の整理収納アドバイザー中森晶子のブログ『GOOD ROOM WORKS』http://ameblo.jp/goodroomworks/entry-12074721940.html

point

何気なく使っている掃除道具ウェーブとコロコロ。実は掃除のハードルを上げてしまっているかもしれません。ご本人は否定しているようですが、片づけに精進していると神様がいいヒントをくれます。

スポンサーリンク

pick up

わたしにとって、長いこと床置きされ、掃除機がけのハードルを上げていたモノがあります。
そのハードルとは、この2つ。
ウェーブとコロコロ。

たったこれだけの小さな掃除道具が、なぜ掃除機がけのハードルを上げる原因となっていたか。その理由は、販売方法にありました。
2つとも、本体が自立するケースを付属して販売されていたのです。

つまり、こういう流れ

ケース付きで売っている

疑いなくケースに入れる

床に置く

掃除機がけのハードルが上がる

掃除機がけがめんどくさい

すると、神の声『めんどくさいと思った時が改善ポイント。当たり前を疑うのじゃ。』片づけに精進していると、時々こんなお告げがあります。(←嘘です)
さらに神の声『床に置かずに見えにくく、ワンアクションでとれるとこ、じゃよ。』

その答えは、
鏡の裏に収納
鏡の裏に粘着フックを貼り付けてウェーブとコロコロをぶら下げました。粘着フックは100円均一。見えないところはお金をかけない方針です。
掃除のときは鏡を動かすので、これにより、鏡を移動させればウェーブとコロコロも1度に移動でき、掃除機がけのハードル下げに成功しました。

整理収納には手順があります。
正しい手順を知れば、頭の中が片づきます。
頭の中が片づけば、行動を起こせます。
行動を起こせれば、その分必ず片づきます。

blog

詳しくはこちらのブログへ