ガラスピッチャーブログ:千葉発→お片付けサービス!オールスマイルWin-Winhttp://ameblo.jp/feelingfine-winwin/entry-12064887006.html

point

飲み物を入れるピッチャーは、細長い形状なので手入れのしやすさ(洗いやすさ)が選ぶ重要なポイントになってきます。無印のガラスピッチャーは、シンプルな見た目、更に開口部が広くフタも分解して洗えるのでお手入れもしやすいようです。

スポンサーリンク

pick up

我が家は2本のガラスピッチャーを使っており、麦茶がなくなる度に洗っては、作るという毎日大活躍なのです。写真の左側が無印のもの、右側はいただきもののガラスピッチャー。
ガラスピッチャー

この2本のガラスピッチャーを比べると、圧倒的に「無印の耐熱ガラスピッチャー」が、使いやすいです。なぜなら、シンプルで手入れが楽だから。

洗う時も開口部が広いので、自分の手が入ります。スポンジで、コップを洗うように、しっかり洗えるので、スッキリします。

091002b

左側が無印のフタ。洗いやすいシンプルな形で、シリコンのゴムがついているだけなので、洗う時に簡単に外せて、すぐセット出来ます。

もう1本の方は、間口が狭いので、水筒洗いのスポンジで、洗わないとダメなことと、フタが2つに分かれているので、バラして、それぞれ複雑な形なので、無印良品と比べると、手間がかかります。うちの場合は、麦茶入れるポットは、見た目ではなく、洗いやすいものが、一番ですね!

blog

詳しくはこちらのブログへ